Close
Loading the player ...
当社のサステナビリティ・レポート2012–2014はこちらからダウンロードできます
当社のサステナビリティ・レポート2012–2014はこちらからダウンロードできます

当社のコミュニティー

ad-sr-communities-banners_0lead

貴社のサステナビリティに関する最終目標があらゆる人々の生活の質の向上にあるとしたら、なすべきことには事欠きません。当社は世界中の地域を強化するためのプログラムへの支援を強化しており、エコロジカル・フットプリントの軽減に努めています。

環境に配慮した事業

当社の事業に対するアプローチは、存続可能な未来を創るためには人類は地球資源の限界を超えない範囲内での暮らしを維持しなければならないという認識に基づいています。事業の成長にともなって、当社は地球環境を以前よりも改善させるための対策も実施しています。この目標を達成するために、当社は明確な指導指針に従っています。当社はまた、明確な環境目標も掲げており、それは、社会に対する当社の影響力に従って、最優先分野での実績を向上させるための目標を意味しています。その中には、温室効果ガスの削減、ゴミ処理場の廃棄物の削減、信頼できる原材料の確保といった目標が含まれています。2012年から2014年の間に、当社は全ての目標を達成し、さらに野心的な新たな目標に向けた地ならしをすることができました。

エネルギーと温室効果ガス

ad-sr-communities-banners_1energy

2015年度目標

2005年の水準と比べて15%の純売上を生み出し、温室効果ガスを削減する

エネルギー効率を通じて当社の目標を達成できそうです

当社は170の施設での電力使用によって生じる炭素排出量の削減に努めています。2012年から2014年の間に、当社は2005年の基準と比べて2015年までに15%の純売上を生み出し、温室効果ガスを削減するという目標の達成に向けて引き続き努力を重ねています。当社は2015年末までにはこの目標を達成できそうな状況にあります。炭素の絶対的な排出量という点に関しては、当社は22%の売上増大を図りながら、2005年から2014年の間に排出量の増加を3%に抑えてきました。

廃棄物

ad-sr-communities-banners_2waste

2015年度目標

ゴミ処理場に送られる製造作業の廃棄物を当社で発生する全廃棄物の15%まで削減します

ゴミ処理場の廃棄物を85%削減するという目標を達成

当社は2009年に、ゴミ処理場に送られる年間の廃棄物の総量を2015年までに当社で発生する廃棄物全体の15%まで削減するという目標を掲げました。そして、当社は目標年よりも2年早い2013年にこの目標を達成しています。2014年末時点で、当社はゴミ処理場に送られる廃棄物の86%を回収しています。2009年から2014年の間に、当社はゴミ処理場に送られる廃棄物のうちの449,000メートルトンを回収することができました。2013年末までに、当社の170の施設のうち58施設が完全にゴミ処理場への廃棄物の輸送を必要としなくなりました。

信頼できる原材料で作られた紙

ad-sr-communities-banners_3paper

森林管理協議会(FSC)認証の粘着性のある紙をもっと使用する

当社は認証済みのリサイクル繊維の使用を最大限に増やす努力を行っており、特に森林管理協議会(FSC)の認証を受けた繊維を推奨しています。2014年に当社の材料グループが扱った世界の粘着紙量の3分の1が、FSCの森林管理認証(FM認証)を受けた森林で生産されたものであることを認証する紙で作られていました。小売ブランディングおよび情報ソリューション(RBIS)事業チームが2014年に使用した紙の31%は、信頼できる原材料で作られた紙であり、この数字は2015年にはさらに上がると見込まれています。

サプライチェーン

ad-sr-communities-banners_4supplychain

2015年度目標

当社の戦略的サプライヤーの理想的な環境影響率の達成支援

サプライヤーの影響管理を支援する方法の模索

当社のエコロジカル・フットプリントは自社施設の壁を超えています。この問題に徹底対処するためには、当社はサプライヤーの環境影響管理の支援も行わなければなりません。アパレル業界サステナビリティ連合の創設メンバーとして、当社のRBIS事業は、サステナビリティを測る指標であるヒッグ指数の開発に貢献してきました。この指数には、製造業の環境への影響度を測るための測定基準も含まれています。

エイブリィ・デニソン財団

ad-sr-communities-banners_5foundation

目標

新興市場における地域投資を3倍に増やす

当社が「家」と呼んでいる各地における資金提供の変化

2012年から2014年の間に当社は、事業展開している地域への投資を継続し、当社の世界市場への影響力に値するだけの支援を拡大しています。当社の投資の大部分は、エイブリィ・デニソン財団を通じて行っています。当財団の使命は、当社の社員が生活と仕事をしている地域社会における教育とサステナビリティを推進し、創意工夫とイノベーションを生み出そうとする精神を持った社員のやる気を促すことにあります。過去5年間で、当社は130以上のNPOに資金提供を行い、460万ドル以上の寄付を行っています。当社はさらに、社員のボランティアなどの積極的な行動を奨励し、工学や技術を学ぶ将来有望な学生に奨学金を給付し、世界中の災害救済活動への支援も行っています。