Q-Tの用語

Q

用語なし

R

Radiation(放射線): ガンマ線または電子線のいずれかを使用して微生物を殺菌。 放射線殺菌は一般的に密封された照射室で行われます。

Rate of Set(設定速度): 特定の条件の設定下で粘着の繊維が結合するのに要する時間。

Ream(連): 500枚の用紙。

Recycle(リサイクル): 特定の量の未加工の材料と混ぜ合わせた後でブロー成形機に戻してトリミングした地盤材料。

Register(登録): 連続して印刷および連続してダイカットされた感圧粘着ラベルに応じた正確な配置。

Release(剥離力): 特定の速度および角度で表面基材から剥離紙を取り外すのに必要な力。

Release Coat(剥離剤塗布): 剥離ラッカー。 感圧粘着ラベルを剥離紙から剥がすことができる剥離紙処理材料。

Release Liner(剥離紙): 裏当て。 ライナー裏地。 剥離剤塗布が施されたラベルの一部。 適用する前に、粘着剤を保護してダイカット操作の間、表面基材をサポートし、ラベルがラベルアプリケータまたはコンピュータのプリンターに転送できるようにします。

Release (Mold)(剥離剤(金型)): 成形品をプレス機や金型から取り出すときにくっつかないように感圧粘着ラベルに適用する物質。

Removable Adhesive(再剥離粘着剤): 多種多様な表面に貼ることができて、ラベルと被着体のいずれにもダメージを与えずに剥がすことができる、最大粘着力が低いことが特徴の感圧粘着剤。

Repositioning(位置決め機能): ダイカットされた裏側の面と別の面のラベルを再ラミネート。

Residue(残留物): ラベルを剥がした時に被着体に残された粘着剤。

Resilience(復元力): 変形した後で元のサイズや形に戻るシーラーまたはコーティングの能力。

Resin(樹脂): 天然および合成ポリマーに適用される一般用語。構造は非結晶質で、固定された溶融点がないことが特徴です。

Reverse Roll Coating(リバースロールコーティング): コーティングはロール間で予め計測されて、ウェブ上で拭き取られます。 コーティングの量は計測された隙間およびコーティングロールの回転の速度によって制御されます。

Rewind Slit(巻き取りスリット): テープのロールを巻き戻し、せん断やナイフでスリットしてから個々のロールとして巻き取るスリットの工程。

Rewinder(巻き取り機): 巻取り機からロールを取り出し、小さなロールにスリットして巻き戻す機械。

Rewinding(巻き取り): 希望の幅、直径、および張力のロールを作るために紙をリールから心棒に巻き取る操作。

Rotary Press(輪転機): ロールに合わせた形の板とロール紙を使用する印刷機。 新聞には輪転機が使用されています。

Rubber Base Adhesive(天然ゴム系粘着剤): 天然または合成ゴム系の感圧粘着剤。

S

SAFT: Shear Adhesion Failure Temperature(せん断保持力不能温度)。 このテストでは熱にさらされた場合の製品の結合力を測定します。 せん断テストは徐々に継続して温度が上昇するオーブンで実施されます。 製品が最終的に機能しなくなる温度をSAFT温度と呼びます。

Scanner(スキャナ): 色分解を修正して色彩と色調を作るのに使用される電子装置。

SCK: Super Calendered Kraft(スーパーカレンダークラフト紙)

Screen Printing(スクリーン印刷): 適切に張り伸ばした生地のイメージ領域にスクイージーを使用してインクを押し出す印刷方法。空気圧を使用して被着体に直接印刷する方法もあります。

Sealer(シーラー): 液体や気体媒質が通過しないように防ぐ連続薄膜。 さまざまなサイズの空隙を埋めて液体や気体媒質の通過を防ぐ一般的に低結合力の高密度粘着剤。

Self-Wound(自動巻き): 両側が剥離ラッカーでコーティングされたシングルライナーのロール材料で、キャリアには両側に感圧粘着剤が付いています。

Self Extinguishing(自己消炎性): 炎の根源を消すと燃焼しなくなるという素材の機能を説明するのにいくぶん漠然と使用される用語。

Service Temperature(使用温度): PSラベルが被着体に24時間留まって耐えることができる温度範囲。 範囲は華氏で表します。

Set(設置): 粘着剤の硬化に要する時間。粘着材料の相対的な硬化速度。

Set-Off(裏移り): 印刷作業において、印刷されたシートのインクが磨り減る、または次のシートに付着すること。 オフセットとも呼びます。

SG: Semi-Gloss(半光沢)

SGE: Semi-Gloss Elite™

Shear Adhesion(せん断保持力): 特定のテスト条件下で、感圧粘着ラベルの標準領域を標準の平面から平行方向にスライドさせるのに要する時間。

Shear Cutter(せん断機): ハサミを模して2つの回転するナイフでテープをスリットするスリット機。

Shear Strength(せん断強度): 粘着剤の内部強度または結合力。

Shear Test(せん断試験): 接合部分を互いに強制的に (圧力または張力のいずれかで)スライドさせることによって、粘着剤で結合した2つの材料を分断する方法。 加えた力は結合領域全体に同時に分配されます。 強度はポンド/平方インチで記録されます。

Sheeting(シーティング): 輪転機のシーティング工程で所定の長さに切断することによって、PSベースストックのロールが完成したラベルのシートに変換される工程。

Shelf-Life(保存期間): 有効期間。 指定された条件下で製品をが保管かつ使用するのに適切な状態にある期間。

Shives(破片): 完成したシートに表れる生の木材粒子。

Shrink Wrapping(シュリンクラッピング): プラスチックフィルムの張力をフィルムの温度を上げることによって緩ませて包装を収縮させる包装の技術。

Shrinkage(収縮): テープの任意の寸法の削減。

Silicone(シリコン): 極めて効果的な剥離剤塗布にすることができるポリマー、または極端な温度で効果的に機能できる感圧粘着剤。

Silicone Adhesive(シリコン粘着剤): このベースの粘着性化合物は幅広い温度範囲で極めて高い安定性を示します。 使用における主な制限は、高温での保存、過敏性、芳香燃料、および比較的コストが高いことです。

Single-Faced(片面): 粘着剤は裏当ての片側にのみ適用されています。 最も多い感圧粘着テープはこのタイプです。

Size(サイズ剤): 水分の吸収、すり減り、および油の侵入を防ぐために付着表面にコーティングされた樹脂または合成ポリマーなどの化学物質。

Sizing(サイジング): SIZE (サイズ剤) を参照してください。

Slip Sheet(間紙): 積み重ねるときに互いにくっつかないようにロールのエッジを保護するために使用するシート。

Slitter(スリッター): 所定の幅に紙を切断する鋭利なディスク。

Smoothness(平滑度): テープの裏当ての相対的な平らさ。

Smoothness Test(平滑度テスト): シートの相対的な平滑度は、計器で特定されますが、それは厳密な管理下で、指定された量の空気が試験用サンプルの表面をどのくらいの時間で通るのかを計る計器です。 結果は秒と分数で表します。

T

Tack(タック): すばやい粘着力。 TLMテスターまたは同等の装置で測定された最低限の圧力および接触時間で瞬時に表面に接着する感圧粘着ラベルの特性。

Tack Range(タック範囲): 粘着性フィルムの粘着力が残っている時間。

Tackifier(タッキファイヤー): 粘着剤フィルムの初期タックを向上させるために合成樹脂や粘着剤に加えたロジンエステルなどの材料。

Tamper Proof Label(不正開封防止ラベル): 破壊可能なラベル。 面材料で作られた感圧粘着構造は低強度であるため、このストックから作成されたラベルを剥がそうと試みると、一般的にラベルが破壊してしまいます。

Tape(テープ): 一般的に細長い形の粘着性の紙で、糸巻き状に巻かれています。

TAPPI: Technical Association of the Paper and Pulp Industry(パルプ製紙業界技術協会)。

TC: Topcoat(トップコート)

Tear Strength(引裂強度): 使用条件下で一般的に裂け目が引き起こされる方法をシミュレーションするように設計された計器を使用して、標準化された条件下で試料を引き裂くのに必要な力。

Tearing(引き裂き): テープをほどく際の破れまたは細長い引き裂き。

Telescoping(はめ込み): ロールがじょうご状または望遠鏡のように見える、テープレイヤーの横向きへのスライディング。

Tensile Strength(伸び): 特定の条件下で紙任意の幅と長さを引き裂くのに要する試料の平面に平行な力。

Thermal(熱の): 熱的効果など、温度または熱の影響を説明する形容詞。

Thermal Transfer(熱転写): 温度に影響を受けやすいリボンを利用した熱転写の工程。熱と圧力を介して印刷可能な表面に選択的に転写して希望のイメージを作成します。 インクはリボンから印刷面に転写されるため、"熱転写" と呼ばれます。

Thermoplastic(熱可塑性樹脂): 加熱により繰り返し軟らかく物質。

Thermoplastic Adhesives(熱可塑性樹脂系粘着剤): 加熱の回数に関わらず、加熱の温度上昇によって、より軟化する粘着剤。

Thermosetting Adhesives(熱硬化性粘着剤): 加圧の有無に関わらず加熱された場合に硬化して、その後の温度サイクルにかかわらず硬い状態のままの粘着性コーティング。

Thickness(厚さ): 厚み。 テープの裏当てまたは粘着剤のいずれかの表面からのもう一方への距離で、一般的にミルまたは千分の1インチで表します。 これは特別な判断基準で一般的に少し圧力をかけて測定されます。

Tie Coat(コーティングの結合): 隣接または後続のコーティングの粘着力を向上させるために使用するコーティングシステムの1つのレイヤー。

Tissue(トレーシングペーパー): ダブルコーティングされた製品では一般的にキャリアを意味します。 トレーシングペーパーキャリアは粘着剤の流出を防ぐことによって、スリットおよびダイカットを容易にます。 トレーシングペーパーは引き伸ばしが可能なことと、適合性という点でフィルムキャリアとは異なります。

Titanium Dioxide(二酸化チタン): チタン鉱から製造された白い色素でそのまま、またはバリウムや硫酸カルシウムと混ぜて填料やコーティング材料として使用されます。 卓越した白さと輝きが特徴です。 顔料としても使用されます。

Toner(トナー): 電子写真に使用される画像形成材料。 インクでは、染料として印刷用インクの調整に使用され、特に黒が使用されます。

Tooth(荒目): やや粗い仕上げで、インクがよく付着できるようにする紙の特徴。

Toxicity(毒性): 皮膚、粘膜、呼吸器系から有毒物質を吸収する生理的影響を示す用語。

Transfer(転写): 一般的に "粘着転写" を指します。 テープをほどいたり、剥がす際に、所定の場所から別の場所に移動するテープの構成要素。

Transfer Tape(転写テープ): 両面剥離剤コーティングライナーに適用された裏付けのない感圧粘着剤。

Translucency(光透性): 透明でないのに光を通す能力。

Transparency(透明性): 試料を透して物質をはっきりと見ることができるよう光線を伝送する材料の特性。

Transparent Label(透明ラベル): 面材料が粘着性のある保護コーティングで、透明性のある感圧粘着ラベル。

TT: Thermal Transfer(熱転写)

Tunneling(トンネリング): 被着体の縦方向の部分が剥離し、それらの部分が変形してトンネル状の構造を形成することを特徴とする、完全に結合されたラミネートに発生する状態。