E-Hの用語

E

Edge Curl(エッジカール): テープ外側端の持ち上がった部分の、剥離性の背面材料で、丸みが付けられた箇所。

Edge Lift(エッジリフト): ラベルの端が被着体の表面から離れて持ち上がる傾向のこと。 このことは、小さな直径で曲がっている表面で最もよく生じます。 エッジリフトへの抵抗性は、粘着剤の粘着力と、表面基材の柔軟性によって決まります。

Edge Ooze(エッジ浸出): ラベルの周囲に沿って、粘着剤が不均等に残ること。

EDM: Electronic Discharge Medium(電気放電メディア)。 ロータリーダイ使用時の、静電気放電する方法のこと。

EDP: Electronic Data Processing(電子的データ処理)

Elastomer(エラストマー): 一般にゴム状の物質。力をかけると容易に変形するものの、力を除くと元の形状に戻ります。 エラストマーは、ほとんどの感圧粘着剤の基盤になっています。

Electronic Data Processing(電子的データ処理): 電子装置によって行うデータ処理。 この種の装置で刻印を行うようにデザインされた感圧粘着ラベルには、パンチ穴とミシン目が付けられています。

Electrostatic Printing(静電印刷): 伸びや縮みの程度に関連する、材料の特性。

Elongation(材料の伸び): 材料を破断点まで拡張することによって伸びる長さ。

Embossed Finish(エンボス仕上げ): 木材、布、皮革、またはその他の型を模した凹版または凸版の紙。

Embossing(エンボス加工): 重ね刷りまたは白い紙にイメージを型押しで凸版状に浮き彫りにする(ブラインドエンボスと呼ぶ)。

Emulsion(エマルジョン): 一般に相互に混じり合わない液体中の液体の細かい粒子または小球の分散。

Emulsion Adhesive(エマルジョン型粘着剤): 別の液体の細かい粒子または小球の分散。 多くのPS粘着剤はエマルジョン系です。

Ethylene Oxide Gas(エチレンオキサイドガス): 幅広く使用されている滅菌処理で、純エチレンオキサイドガスまたは炭酸ガスやフロンなどのガスを組み合わせて使用。 滅菌は真空状態の密閉室で行われます。

Exposure Temperature(暴露温度): ラベル表示の製品がさらされている温度。

Extrude(押し出し): 測定開口部から放出または強制してウェブに溶融熱可塑性粘着剤を塗布する。

F

Face Material(表面基材): 紙、フィルム、ファブリック、ラミネートフォイルや無地のフォイルなど、PSラベルストックへの加工に最適なすべての材料。

Face Side(表面): 両面テープの裏地でない面。

Face Splits(面の分割): 特殊な最終用途要件を満たすようにコーティングまたはプレス時に表面基材に施された直線状のカット。

Facestock(表面基材): 紙、フィルム、ファブリック、ラミネートフォイルや無地のフォイルなど、PSラベルストックへの加工に最適なすべての材料。

Fan Fold(扇子折り): ジグザグ折り。 ロール形状とは異なるフラットパック形状になるように連続した裏当てで感圧粘着ラベルを保護します。

FasStrip: 40#および50#の漂白した超光沢剥離紙。 優れた表面硬度と優れた引張強度が特徴。

FC: FasClear®

FDA: 食品医薬品局。 以下の分野に適用されるPS利用のための規則。 粘着剤: (1)皮が食べられる果物および野菜のラベル付けなど、直接的な食品との接触(175.125)、(2)粘着剤と食品の間の非直接的な食品との接触(175.105)。 表面基材: (1)紙と乾燥食品との接触(175.180)、(2)紙と水分または脂肪分の多い食品との接触(176.170)。

Feeder(フィーダー): 印刷機で、シートを分けて印刷するための配置に供給するセクション。

Feel(手触り): 指で触ることによって決定する粘着剤の粘着性の程度。 これは、粘着度を決定する間違ったテストになることが多々あります。

Felt Side(フェルト面): 印刷用の紙のより滑らかな面。 製紙ではシートの上面。

Fiber Filled(繊維充填): 繊維が添加された粘着剤。 これらの繊維は粘着剤の流出を妨げるために製品のコンバージョンに役立ちます。 繊維充填では通常の転写テープと同じぐらい伸張することができます。 繊維充填では「キャリア加工」された製品のコンバージョンほど安定性はありません。

Film Coating(フィルムコーティング): 薄い、着色コーティングの適用。

Film(フィルム): アセテート、ポリエステル、ポリエチレンビニールおよびその他のポリマー。 合成高分子量ポリマーから製造された表面基材。

Finish(仕上げ): 質感と光沢で特定されるフィルムの表面特性。 たとえばグロス仕上げは光沢があり高反射性ですが、マット仕上げは一般的に光沢がなく光をほとんど反射しません。

Firm (強固): 粘着剤の流出に対する耐性を指します。

Fish Eye(魚目): 粘着剤、コーティング、またはインクの円形または楕円形のデフォルメ。

Flagging(垂れ下り): 渦巻状に巻かれたテープの端を持ち上げたり、剥がしたりすること。

Flame Resistant(耐燃性): 炎にさらしても耐性のあるテープの能力。 耐燃性(耐火自己消火性)の材料は炎にさらされた場合は燃焼しますが、炎が鎮火すると燃え続けることはありません。 燃焼速度、煙濃度、煙の毒性および融解液は耐炎性の査定の重要な要素です。

Flame Resistant(難燃性): 炎にさらされた場合に燃焼しない材料。

Flexibility(柔軟性): 湾曲した面に簡単に順応することを示す表面基材の特性。

Flexographic Printing(フレキソ印刷): 凸版輪転印刷の方法。

Flow(流れ): 印刷で、プレスのローラーにより面に拡散するインクの能力。

Flow Out(流出): 適用後に平らにする粘着剤の能力。

Food Contact Adhesives(食品接触粘着剤): 連邦規制の食品医薬品局規約のセクションに指定されている粘着剤の接触。 これらの規約は直接的な食品のラベル付けだけでなく、間接的な接触も網羅しています。 特殊な利用については特別な製品の推奨が必要です。

FSC: Forest Stewardship Council(森林管理協議会)

F.O.B.: 本船渡し。 見積価格には、指定された地点での貨車またはトラックの積み込みが含まれますが、追加の輸送コストは含まれないことを示します。

G

Gapping(ギャップ): 2つのレイヤーが分離して開口部を形成する変形の一種。

Ghosting(ゴースト): テープを剥がした後に残る粘着剤のヘイズに似た被膜。

Gloss(光沢): 塩ビまたは塗装による滑らかな表面の光沢仕上げ。

GP: General Purpose(汎用)

Grain (縦目): 横方向とは反対の紙の流れ方向。 また、任意の領域での感圧粘着剤の測定。

Gravure Coating(グラビアコーティング): ウェブに塗布されるコーティングの量は、印刷ロールの彫刻パターン全体の深さによって測定されます。

Gravure Printing(グラビア印刷): 小さい凹型のくぼみで構成される印刷プロセス。 深く刻まれたくぼみは凸版面よりも多くのインクが必要ですが、浅いくぼみの印刷にはより暗い色値が使用されます。 ドクターブレードはシリンダ状の印刷面から余分なインクを拭き取ります。

H

Haze(ヘイズ): プラスチック材料の混濁度。

HD: High Durability(高耐久性)

Heat Activated(加熱による活性化): 熱を加えることにより、乾燥した熱可塑性粘着性フィルムを柔らかくして粘り気のある状態にすること。 粘着剤が溶解すると、結合のプロセスに移ることができます。

Heat Aging(熱老化): 最終用途または完成品の劣化を示唆するための制御された環境。

Heat Resistance(耐熱性): 高温にさらされたことによる物理的または化学的な変化の発生を抑制する材料の特性。

HG: High Gloss (高光沢)

High Temperature Adhesive(高温粘着剤): 感圧粘着ラベルを高温の被着体に適用した場合に接着または貼ることができて、高温での老化または劣化に対して高い耐性のある粘着剤。

Holding Power(保持力): せん断応力下で滑脱しないテープの能力。 一般的に標準的なテープの領域を垂直テストパネルに適用して標準的な重さをテープの自由端に吊り下げることによって測定します。

Hot Melt(熱溶解性): 熱で溶かしてライナーまたは裏当てに感圧粘着剤を適用し、冷却して従来の感圧粘着剤を形成します。

Hot Stamping(ホットスタンピング): 任意のイメージを加熱された、ポジコピー型打ち機によって被着体に転写する装飾プロセス。 イメージは一般的に一色のポジコピーラインに制限されています。