新しい感圧粘着ラベルは、象徴的なボトルとブラント価値を明確にするのに役立ちます

VAT 69 スコッチウィスキー

VAT 69ボトルの形が長年の同一性を離れて、薄緑でまっすぐな面、高い肩でシェリー形のボトルになって、そのラベルの見直しが1980年代にありました。 オリジナルなブランドへの同一性に関連している唯一の視覚的手がかりは、VAT 69という名前の刷り込み型フォントとちょっと斜めになった形状だけです。 以前のラベルは糊で貼るものでした。

主要なラベルは、VAT 69を再確立するのにいくつか現代的なアップデートを提供しながら、過去の伝統を伝える必要がありました。 この扱いに最高な色彩は、エイブリィ・デニソン社のラベルパッケージングでのファッソンブライトシルバーホイールの表面基材でした。 材料は白色の、木材を使わない合成紙で、その上にトップコートされたアルミニウムフィルムの薄膜があります。

ケーススタディ全体をダウンロードしてください