エイブリィ・デニソン北アジア パシフィック副社長/ゼネラルマネージャーに ロジャー・マチャード氏就任

ロジャー・マチャード氏は2017年1月末に退任するカルメン・チュアの後任者として2017年1月1日付けでエイブリィ・デニソン北アジアパシフィックの副社長/ゼネラルマネージャーに就任。

中国、上海を拠点としエイブリィ・デニソン・マテリアルズグループの社長ジョージ・グラバニス氏の直属に就任。ロジャー氏は北アジアパシフィック地域における粘着ラベル部門とグラフィックスソリューション部門の中国、韓国、日本の責任者となります。本地域では2000社を超えるコンバーター、ブランドオーナー、代理店と取引があり、生産工場3箇所を保持しています。

ロジャー氏はエイブリィ・デニソンで15年の経験があり、2001年マテリアルズグループ・ヨーロッパのサプライチェーンのコンサルタント業務に始まり、それ以降も様々な国で様々な分野で活躍、直近では北アジアパシフィック地域のオペレーションとサプライチェーンを統括していました。

ロジャー氏はヨハネスブルグ大学の生産工学で学士号を取得。

 

エイブリィ・デニソンについて

エイブリィ・デニソン社 (NYSE:AVY)は様々なジャンルで使用される消費財とラベル製品向けの粘着ラベル技術および革新的な粘着剤ソリューション分野での世界的なリーダー企業です。カリフォルニア州グレンデールに本拠を置いています。拠点数は世界50ヶ国以上にあり、グローバルの従業員数は訳25,000人。お客様によりよいラベルを提供できるよう日々イノベーションに力を入れています。2015年の売上は7800億万円。Learn more at www.averydennison.com.